So-net無料ブログ作成

近場のキャンプ場でソロ!(110226-27) [月川荘キャンプ場(埼玉県)]

main001.JPG
なんとか時間を作った。
というより、重い腰を上げたといったところだ。

年明けから何かと忙しくしていて、週末に時間があっても出かける気をなくしていた。
少し気持ちに余裕ができたら出かけようなんて考えているうちに、益々忙しくなってきてしまった。

あまりにも息が詰まるような状態が続き、なんとしても外へ出かけたいという気持ちに駆られた。

そう、気持ちに余裕ができて出かけたのではなく、現実逃避といって良いだろう。




2月26日(土)、起床時間は10:30を回った。
前日から行きたいという気持ちはあったものの、場所も決めてない。何の準備もしてない。
それに、家でゆっくり寝ていたいという気持ちと、行きたいという気持ちがぶつかりあっていた。

前日の2月25日、関東地方に春一番が観測された。
強い風が吹いたのだ。吹いたというより、夜半まで吹き荒れていた。
この春一番も気持ちをなえさせたのだ。
出かけたは良いが、強風にさらされるのは嫌だ・・・


しかし、起きてみると穏やかな快晴だった。
晴れわたった青空を見た瞬間から、気持ちは行きたいという方向へ固まった。

この時間に起きていたのではそう遠くへは行けない。
できるだけ近場のキャンプ場をと、急ぎ探すことにした。

今回はソロになるし、キャンプ場の質にはあまりこだわらない。まだ車にはスタッドレスタイヤを履かせているので雪道も気にしない。
そんなことを思いながらガイド本のページをめくっていると・・・・


「あったっ!!」


すぐキャンプ場へ連絡をして、当日の予約を入れた。

準備ができてないと言ったが、我が家の車はキャンプ道具の倉庫化しているのだ。
いつでもどこでもキャンプが可能な状態にはなっている。
とりあえず、着るものだけをリュックに詰め込んで、


「いってきま~す!」


と、サトぽんに言い残し出発した。



001.JPG
行き先は、“月川荘キャンプ場”現在住んでいる同じ埼玉県内にあるキャンプ場だ。
しかも家から約60kmと近い。

キャンプ場の質にはこだわらないと言った。
だから今回はキャンプ場インプレッションはしないつもりでいる。

002.JPG
出発したのは12:30を回っていた。
関越自動車道を走り、東松山ICで降りる。
その後、国道254号線を「寄居」方面へ向かって6kmほど走る。
嵐山渓谷入口という交差点が現れ、ここを左折し県道173号線に入る。
県道173号線を2kmほど走るとキャンプ場の看板を確認できる。

003.JPG
看板を目にしてから農道へ右折する。この農道を抜けて突き当たりに“月川荘キャンプ場”がある。



004.JPG
途中、食料の調達をしたりして、到着したのは13:30になった。
およそ一時間で来れるキャンプ場だ。
一瞬キャンプ場には感じられなかったが、キャンプ場へ入る急勾配の道を下っていくと開けた場所が見えてくる。

005.JPG
管理棟(売店)は、場内を奥へ入った場所に、管理人さんの家と併設されていた。
管理人さんに挨拶をし、料金を支払った。

006.JPG
これがまた安い。使用料は¥1,740だ。
テント持込料金が¥840、入場料¥300、駐車料金¥600の内訳だ。

管理棟内には多くのサイン色紙が壁一面に張られていた。知っている有名人から、若手の俳優さんやらなにやら・・・
このキャンプ場の敷地内が、ドラマなどの撮影によく使われるのだと聞いた。


007.JPG
料金は安いが、設備は最小限のものになっている。
ソロ向きのキャンプ場・・・
というより、ソロだから来た。
何より自宅から近いというところに気軽さと魅力がある。

008.JPG
受付後はどこにテントを張るか場内を散策した。

008.JPG009.JPG
キャンプ場の真ん中に川が流れている。“都幾川”だ。
この川の両側にキャンプサイトがあるのだ。管理棟と反対側、向こう岸はバンガロウがメインのエリアだ。

019.JPG
若干だが、テントの張れるスペースもある。
しかし、当然車を横付けなどはできないため、テントや道具は手で運ばなければならない。
50kg程度の荷物を渡すリフトがあるのだが、いまいち使い方がわからず、川を渡ることはあきらめた。

016.JPG
管理棟(売店)の脇にある林間が気に入ったのだが、保護林に指定されていてテントは張れないとのこと。残念なことだ。


010.JPG011.JPG
この時期は開放されてないようだが、オートサイトも存在する。
林間の中に広くスペースが確保されたサイトだ。しかし、設備は最小限。
トイレが1つに、水場もかなりワイルドな状態で、ファミリーでは少々困難かもしれない。


012.JPG
テントサイトと称される所は、ただの広場のような場所。
だが、木々に囲まれているためか、落ち着くといえば落ち着く場所だ。
ちょっと仕事に疲れたときや、都会の喧騒から逃れたいときには良いかもしれない。

013.JPG
水場はこのエリアが一番使いやすくなっている。夏場は日帰りでBBQをしにくる家族も多く訪れるため、こうして使いやすく作っているのだろう。

014.JPG015a.JPG
トイレとシャワー・・・



017.JPG
テントサイトに設営することに決めた。
ここはオートサイトではないので、駐車場に車を止めて荷物を運んでいくシステムになっている。
今回はこのエリアには自分以外はいなかったため、駐車スペースのすぐそばに設営することにした。

018.JPG
設営後は久しぶりの外の空気を味わい、青空の下でお茶を沸かして飲んだ。
こうしているだけでも気分は晴れ、芯から生き返るような感覚、頭のてっぺんから足のつま先までが気持ち良いと言っている感じがする。


027.JPG
ソロのため道具は最小限に点とはアメニティードームS。設営時間もファミリーキャンプと比較して大幅に短い。
30分でテントを設営し、イスや机、ランタンなど、こまごました物を出して1時間弱で完成した。

ちょうど自分が受付を済ませた頃に、先に来られていた方が荷物を持って川向こうへ行った。
ソロで来られていた。
川向こうも気になっていた場所だったので、挨拶がてらにお邪魔した。

サイトを覗いてみると、同じアメニティードームSを使われていた。荷物置き場としてペンタも張られていた。
すべての荷物を運ぶのに3往復されてそうだ。
少しだけ立ち話しをさせてもらい、情報交換などをして、ソロを楽しむために来られているので、あまり深く話しをすることなくサイトをあとにした。


026.JPG
天気も良く、気温も暖かだった。
アメニティードームSのフロントにイスを置き、西に傾いた太陽を受けながら何も考えず、精神を洗い流した。
落ち着いたところで本を読み、ビールを飲み、勝手気ままな時を過ごしていた。


これが良い!!
本当にリラックスできるのだと感じる。



029.JPG
太陽が山間に姿を消すと、気温は一気に下がってきた。
ランタンを点灯させ、暗がりに備える。今回は、オプティマス1200コールマン214だ。
寒さ対策にパープルストーブ301を点火させず置いておく。この時点では、パープルストーブを必要とするほど寒くはなかった。


028.JPG
ランタンの灯りの下で夕食を作る・・・
いや、温めた。

楽しい夕食は、キーマカレーとハンバーグだ。これにビールをつけてご馳走になった。
が、完全なるお子様メニューになったと、後から気づいた。


030.JPG
食事をするときは一人だと淋しいが、今回はソロだから仕方がない。
会話をしながらの食事が楽しいことなのだが、ソロにはソロの楽しさもある。
そんなことを考えながら、まさに「パレートの法則」ないものねだりになるんだと痛感。


食事を済ませたころから、気温はさらに下がり寒さを感じるようになった。
外に居たのでは寒すぎる。

前日に春一番が吹いたとはいえ、まだ2月。当然、寒いのだ

ランタン2つをテントに持ち込み、パネルを閉めた。


・・・・・・





031.JPG
今度は暑すぎる・・・

ただ、時間とともに外気温が下がっているせいなのか、テントの中も快適に感じるようになった。
そのテントの中でビールを飲み、酒のあてを食し、寝転びながら本を読んで過ごした。



「なんて最高の気分なのだろう!!やっぱり出かけて来て良かった!!」


032.JPG
起床は7:00。

6:00に小鳥達に起こされたのだが、寒くてシュラフから出たくなかった。
気がつけば7:00になっていたということだ。

033.JPG
ケトルの中の水が凍っていて、テントにも霜がついていた。
気温を測っていなかったが、マイナス気温になっていたことを物語っている。


034.JPG
このキャンプ場は、チェックインが10:00アウトが10:00・・・チェックイン時間が早いのは歓迎するが、アウト時間が10:00とは少々慌しい。
まぁ、ソロなら文句はない。

10:00、無事に撤収を完了させた。






<おまけ>024.JPG
キャンプ場は「嵐山渓谷」の一角に位置している、都心に近くにあって自然豊かな場所だ。

020.JPG
ちょっとした散策路があり、気分的にはどこかの山に行った感じも味わえる。

021.JPG
そして川遊びもできる。
夏場は子供たちの声が響きわたっていることだろう。

023.JPG
ぼくは釣りをしないが、釣りもできると思う。
川原でBBQも良いし、川の流れる音を聞きながらお茶などを飲むのも良いだろう。

個人的だが、近くに良いキャンプ場があって良かったと思う。


nice!(1)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 6

maco

御無沙汰しております。
大阪でもここ数日の日中は春を思わせる陽気になりました。
渋滞を考えて早朝出発などの必要も無く、平日の疲れを癒すにはちょうど良い距離ですね。
何といっても料金が安くて、懐に優しいですね。
関西では無料キャンプ場もいくつか発掘できましたが、関東では人口が多いので無理かな・・・
あっしも雪の心配が無くなってきたので、金曜日の夜に山頂に出かけてみたいと思います。
by maco (2011-02-27 18:58) 

yossi-

近くにのんびりできるとこがあってよかったですね。
今日も暖かかったですもんね~
うちも服部緑地行ってきましたよ~
汗かくほど遊びましたよ~
最近キャンプいけてないので行きたいです~
by yossi- (2011-02-27 22:31) 

しゅんさん

こんにちは!

私の場合、ソロではロケーションが
気に入るかどうかが全てです。
あ、あと・・・料金(笑)

自宅から1時間以内で、お気に入りキャンプ場を
探しておけばいつでも日々の喧騒からの逃避が
出来て良いですね!
by しゅんさん (2011-02-28 13:43) 

ヒデぽん

macoさん!
無料のキャンプ場はどこかにあるのでしょうが、関西の無料キャンプ場のように景観が良い場所はないと思います。
安いキャンプ場は結構たくさんあると思いますよ(^^)
ただし、近場のキャンプ場となると、どうかなぁ!(^^;
by ヒデぽん (2011-02-28 18:35) 

ヒデぽん

yossi-さん!
近場が魅力です!
思い立ったら一人で行けるキャンプ場としてはですけど!
料金が安く、近くて、景観も良くてとなると、なかなか見つからないかもしれませんね!(^^)
by ヒデぽん (2011-02-28 18:38) 

ヒデぽん

しゅんさん!
そうですね~!ロケーションは重要だと思います。
ただ、景観の良い場所となると、我が家からだとある程度の距離を走らなければならないでしょう・・・
このキャンプ場は、ふっと思い立ったら行ける、駆け込み寺のような感じですかね(^^;
ただ、夏はかなりの人で賑わうようなので、秋から初春に掛けての利用になるでしょう!
by ヒデぽん (2011-02-28 18:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。